ポスト・トゥルース2017/06/28 22:41

もう10年以上も前になるが、
私が遭遇した事件の時には、まだ標題の言葉はなかった。
が、まさにポスト・トゥルースの事件であった。

当時、ある「陰謀」が強く言われていたが、
その「陰謀」の場面を見た、という人は誰もいなかった。
「陰謀」があったに違いない、という推測だけが独り歩きしていた。
「陰謀」によって、ポジションを奪われた、という人の主張であった。
が、その後、その人に最も近いポジションに就いた私は、
どこをどう見ても、「陰謀」の痕跡を見つけられなかった。
私の目には、「陰謀」などなかった。
が、パワーゲームがあり、
様々な人たちによるそれぞれの思惑に基づいた言動はあった。
早い話が、「陰謀」を共有するほど意思統一のできた組織ではなく、
それぞれが、自分の利益を第一義に、勝手にいろいろ言ったりやったりしていた、という感じだ。

私の目から見れば、「真相」は実にくだらない。
各々が自分の感情で、パワーゲームをやっていた、のだ。
その結果、ある人がポジションを追われてしまった。
ポジションを追われたのは気の毒だが、
もう少し、冷静に事態を見る目は必要だったと思う。
自分の利益に寄与しない人は、みな、悪い人に見えていたようなのだが、
誰もが自分自身の利益に沿って動いていただけなのだ。
くだらな過ぎて、ミステリーにもならない。

しかし、その「陰謀」疑惑は、裁判にまでなった。
私も迷惑をこうむった。
自分の利益に目がくらんで、「陰謀」だと思い込んだ人の妄想に、
皆、振り回された。
しかし、その「陰謀」説は、まだ信じる人は信じているのだろう。

人は、見たいものだけを見、知りたいことだけを知り、信じたいことを信じるのだ、と、この事件に振り回されて、つくづく思った。

ポスト・トゥルースの時代だと言う。
それなら、私はもっと以前に巻き込まれて、エライ目にあった。
だから、とてもよくわかる。
ほんとうに、そういう時代だ。
否、昔からそうだったものに、呼び名が与えられたのかもしれない。
たぶん、そうだろう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック