トランプの戦略2021/01/22 20:02

トランプは、
「既得権益」をむさぼる連中によって収奪されてきた正当な利益を奪還したい、という欲望を
不満を持っている人々の心奥から掘り起こし、
煽り、
狂信的な信者を増やした。

このやり方は、大阪で維新の橋本が、
公務員を批判し、
日頃から公務員に不満を持っている層の代弁をして、
支持者を増やしたのと同じだ。

トランプも橋本も、人々のくすぶる怒り、不満にうまく火をつけた。
アメリカは暴徒と化した人々がたくさん現れ、やっぱり極端な国だと驚いたが、人々のトランプへの傾倒は共感はしないが推測はできる。
だが、トランプのカリスマ性は、トランプ教団の教祖までであるべきだったとは思う。
とにかく、あの扇動はうまかった。
最後は、隠れていた狂人ぶりが露呈して、ハッと我に返った信者もいただろうが。

維新の人気もこれに近くて、ちょっと怖い。
しかし、今のところ、暴走は止まっている。
若い人は、維新を革新だと思っている、と聞いて、革新の意味も変わったのだと改めて思う。
都構想を焦りすぎて、大阪市民は、何とかわけのわからないところの手前で踏みとどまれた。
しかし、維新は、相変わらず人気がある。
ポピュリズムの典型だ。

そして、こうしたトランプや維新の人気が、
ナチスの台頭と重なって見えてこわい。
じわじわと大きくなる。

バイデンになってようやく、平常に復した、という感じがする。
今後は、まともな政党政治の攻防になっていけばよい。
あるニュースでは、トランプとバイデン政権とは、この幕引きに当たって、裏で取引をしただろうと憶測している。
それが本当なら、トランプは弾劾されない。
弾劾なしを条件に、そろりとホワイトハウスを立ち去ることを受け入れたのではないかと。
トランプ教の信者は蚊帳の外なのだろう。
プアホワイトの怒りは反知性主義の波と結びついて、うまいことトランプに操られたと思う。

橋本にしても、トランプにしても、
人々の不満を掘り起こし、怒りに火をつける、というやり方で、
人々を扇動したのだが、
このパッションは怖い。
思想的賛同ではなく、激情に働きかけるやり方は危険だ。
橋本は、最近、テレビによく出ていて、
彼の言うことが全部いやだということではない。
他の政治家が言わないことも言っていて、各論では賛成できるところもある。
だが、最も重大なことを彼は自覚していなかったと思う。
自分の中の激情が大衆の激情に共振し、
危険な波を生み出すことに。

政治は、感情で動かしてはならないのだと思う。
人々は、政治家の私利私欲が見えれば、もちろん、非難する。
「許せない」と思う。
だから、そこに訴えかけるように、葬り去りたい議員や切り捨てたい議員が「不正」を働いた、という発信は成功する。

しかし、頭に血をのぼらせていては、公正な判断はできない。

役所の窓口で、カウンター越しの担当者に暴力をふるうような
空しくて凶暴な行為に出るのではなく、
その背後にどういう構造が闇深く広がっているかを見抜けないと、
雑魚同志でいがみ合って傷つけ合っているのを高みの見物をしている者たちが、
相変わらず、この世の富をさらって豊かになるだけだ。

いい加減、目を覚ました方がいいのだが、
富を独占している連中は、
この世を動かす手段も権力も、もうとっくに手に入れている。
その手法は、人々に媚薬をかがせ、催眠術にかけ、一瞬のイリュージョンで惑わせるなど、実に巧妙なのだ。

ヒラメも悩んでいる?2021/01/22 18:23

安倍政権の頃から、
ヒラメ公務員という言葉を聞くようになった。

「忖度」ばかりして、上の方ばかり見ている公務員をヒラメ公務員と呼ぶ。

実は、私は公務員と何度か大げんかをしている。
いずれも、公務員といっしょに仕事をする専門職の立場だったとき。
公務員の組織にきっちり組み込まれているわけではなく、
でも、給料は行政から支払われている立場で、
上司に当たるのだろうけれど、こちらは別建ての位置づけという、
そういう状況で、ブチ切れた。

相手も強く言えず、手を焼いていたのだろう。

相手は、ヒラメの群れの中で仕事をしていたら、
急に横を泳いでいた種類のわからん小さな魚が襲ってきた感じか。
相手から見ると、私は、じゃこのふりした鮫だったのかしらん。
とにかく、私は怒りまくったのを覚えている。
啖呵を切った、というようなかっこいいものじゃなかったと思うけど、
でも、それ以後、私には何も言わなかったから、
相当厄介な存在だったのだろう。

だって、ヒラメの法則で生きているんだものね。
並んで上を見ていると思っていたのに、横から、襲われてびっくりしただろうね。

しかし、だ。
公務員というのは、上が言ったら、絶対従わないといけないのか。
上に意見を言ってはいけないのか。

私はヒラメの群れにいるヒラメであった経験がないので、
そこはわからない。

しかし、おかしいと思うことはおかしいと言いたいではないか。
自分が説明できないようなことを、他人に従わせようとするなよ。

私は、自分が説明できることに責任を取りたい。
が、そういう人間は公務員が務まらないだけなのか。
上の言いなりで何とも思わない人間が公務員になるのか。

いや、ヒラメも悩んでいるのかもしれない。
実際、懊悩しているヒラメはたくさんいると思う。
この誠実な人たちを苦しめないで、
きちんと意見を主張したい。

今日は、行政の会議。
私は吠え気味だった。
だって、上の無理難題に困った公務員が、
私に納得してもらおうと躍起になっているのだもの。
M吉をなめてたね。
ふだん、やわやわしているから、懐柔できると思ったか?

闘いは続く。(ため息)
しかし、懐柔できない私に、ヒラメたちもため息をついているのだろうな。

もう誰にも、こんな辛い思いはしてほしくない2020/12/19 21:46

標題の気持ちはほんとうだ。

大事な人が事故死してしまった、という人の記事を読んでいたら、
「もう、誰にもこんな思いはしてほしくない」と、
残された人が語ったと書いてあった。
他にも、同じことを言う人のことを何度も読んだことがある。

自分自身がそこまで辛い思いをしたことがなかったとき、
スルーしてしまっていた表現だ。

が、17年以上も前のことだが、
夫が亡くなったとき、苦しくて苦しくてたまらなかった。
この世にこんな辛いことがあるだろうかと思った。
この辛さを逃れるためには、自死するより仕方がない、
でも、子どもたちのことを思うと、これ以上、悲しい思いをさせるわけにはいかない、と、
引き裂かれそうになりながら、生き続けた。
その時に、そう思った。
心から、もうこれ以上、誰にもこんな辛い思いをしてほしくない、と思った。
それが何を意味するのか、実は、私はまだ解明できていない。

他の誰かに同じことが起こるたびに、
この苦しみがよみがえるのを回避したかったのか。
私の夫が亡くなったのを知った時、
1年ほど前に夫を亡くした人が、私のその知らせを聞いて、
電話の向こうで泣いた。
「私が夫の亡くなった悲しみをいつも聞いてもらっていたから、あなたもそんなことになったのか、、、」と、その人は泣いた。

夫が亡くなったことは、今も私を泣かせる。
死ぬまで苦しむだろう。

亡くなってはいけないのだ。
いるべき人は、いなくなってはいけないのだ。

知人のお母さんは、100歳を超えて亡くなられた。
それくらいになると、ようやく、人は苦しみよりも、
「見送る」思いが勝るのだろうか。

そうでないといけない。
誰も、いるべき人を失くしてはいけない。
本当に、そう、思うのだ。

70歳の自己像2020/12/10 08:55

なぜ、こんなに「自分」というものを振り返り続けるのか、を考えると、
やはり、自己肯定感を養成できなかった生育状況と関わっているのだと思える。
今朝、はっきりまだ起き切れていない時間帯に、
7時になると、アラーム代わりにオンになるテレビで、
子ども時代の虐待経験が、大人になっても人間関係などに支障をきたしている事象を取り上げていた。

経験がない人には、どうもピンとこないようなのだが、よく言われるように、幼少期の経験はその後の人格形成に確実に影響を与えている。
良くも悪くも、その後の人生の効果に多大な影響を与え続ける。
外から見えにくい内面の状況に思いを致すのは、ほんとうに厄介だ。
だから、カウンセリングや自己語りなどの場で、何度も自分を見つめ、考え続ける。
もちろん、自省に向かわないで、もっぱら他責に終始する人もいるだろうが、そういう人は、大人になって家族を傷つけることになったりする。
そういう大人の下で養育されると、今度は子どもが、終生、負荷を背負う。

私の育った家族、親族圏内は、陰気な感じがするところだった。
京都、という地域性なのか、
大阪市内に根を張る親族を持つ夫との結婚式では、夫側は陽気で笑い声が絶えず、
私の親族席は、お通夜みたいだった。

普段からネガティブで、小声でしか話さない、親戚筋のおばさんたちは、たぶん、母も若い頃、苦手だったのだろうと思う。
だから、全く異文化の、京都の丹後地方出身の父と結婚したのだろう。
母の切実な「息がしたい」という願望の表れだったのかもしれない。
父方が陽気な文化を持っていたとは思わない。
母方の親戚のおばさんたちは父のことを「田舎者」と陰口を言っていたそうだが、若い母は、その息の詰まるような京都文化の方が耐えがたかったのだろう。
この二人の間に生まれた私の目には、それが正しい選択だったとは思えないが、小さな世界を生きるしかなかった母には、京都市内の息苦しさから逃れられれば何でもよかったのかもしれない。
若い母が無意識に、切羽詰まって、息詰まる境遇から逃げ出す選択をしたのは、納得のいく解釈だ。
その結果、私の育った家庭では、母は、わがままで伸び伸びしていた。
はばかることなく、ミー・ファーストで、私は一人っ子だったが、自己中で気まぐれな年の離れたお姉さんがいるような環境だった。
気分によってかわいがってくれるが、気分によって全く無関心になる、少女のような母だった。
少女がお人形に服を着せて遊ぶように、次から次、新しいきれいな服を私に着せ、私は「両親から溺愛されて育っているひとり娘」であるかのように、外からは見えていたらしい。

母が、自分の親戚筋とは距離を置き、父方つまり夫の方の親戚とよく交流していたのも、母の脆弱な自己肯定感を保つのに役立ったのだろう。
「田舎者」の父方の親戚からは、あたかもヴィーナスのように讃えられていたから。

そうした環境下で育った自分について、私は解釈を誤っていたと、最近思う。
なぜ、あそこまで私は、父に嫌われ、否定され、いじめられていたのかがわからなかった。
父は自分の尊厳を保つために、母はあまりにも自己中で私に無関心だったから、だと思っていた。

確かにそれも、一面だろう。
が、このコロナ禍で、ずっと家にいる時間が長く、あまり周囲に合わせて自己調整をしなくなって、
ふと、体調が良いときの自分が、とても「やんちゃ」だと思うことが増えた。
これまでも、私を知っている人が、時折、
「M吉さんって、やんちゃよね」と言うことはあった。
夫も、生前、長く私と暮らしてきた後、ふと言った。
「君は、やんちゃ坊主や」と。

それで感覚的な経験が甦った。
小さいとき、男の子みたいな行動を取っていたこと。
男の子たちのすることを一緒にしようとして、失敗したり、男の子たちから追い返されたりしていたこと。
なぜ、女が混じっているんだと、いやがる男の子がいたりして、結局、排除されてしまう。
でも、女の子とはどのように遊んでいいのかわからなかった。
女の子の遊びもわけがわからなくて、つまらなかった。

ずっと、自分は女の皮をかぶった男なのだ、という感じを持ち続けていた。
それを性自認に結び付けて考えたりしてきた。
「女」であることを矯正され過ぎて、その行動様式を学んだけれども、本当は「女」ではないという感じを持っていた。

しかし、今のこの内面の状況を描写するならば、
単なる「やんちゃ」というのが最も近い。

それで思うのだ。
「男」「女」というカテゴリーはとりあえず、横に置いておいて、
私はやんちゃな幼児だった。
が、そのやんちゃさは、私の両親にとって、女の子にはあるまじき気質だった。
だから、ものすごい勢いで、私のあるがままを否定し、
矯正しきれない私を嫌悪していたのだろうと思う。
それを10数年、両親が二人で、1日たりとも手をゆるめずに続けていれば、私の精神状態が危うくなるのは当たり前だろう。
この世のどこにも居場所がない感じ、生きていくことができない感じ、後年「小児ウツ」という語を聞いて、10歳ころの私は、今ならそういう診断が出たかもしれないと思う。
10歳や11歳の子どもが、「死にたい」と思うだろうか?
毎晩、毎晩、泣きながら、「どうか、この醜悪な怪物の私を、早く誰か駆逐しに来てください」と、願うだろうか?
「誰か、私を殺してください」と、自分への憎しみに燃えて、激しく嗚咽しながら、ノートに書きなぐる11歳の子どもが、ハッピーだったと言えるだろうか。

お転婆な女の子は世の中にたくさんいる、男の子みたいな女の子もたくさんいる、見た目が男のようであっても女性の「性自認」が揺らいだことがない、という人も、たくさん知っている。

そのレベルで解釈する限り、私は、ジェンダーアイデンティティというようなラベルの枠組みとは違うところ、
つまり、ジェンダー・バイアスによって苦しめられた、ということになる。
つまり、と~ってもよくある、フェミニズムの初期定義、「女らしさ」の軛に苦しめられた「あるある体験」だったことになる。

では、なぜ、ジェンダー・バイアスだけで、自分の内面を説明できなかったのか、というのは、もうちょっと時間をかけて考えたいかな。
ジェンダー・アイデンティティ形成と関りがないとは言えない経験と実感がある、からなのだが、
朝の思いつきではちょっと無理っぽい。

ブログを覚書に使うと、便利。
やめるのを、もうちょっとやめようか。