負け癖、こらえ癖2021/04/16 10:48

子どもの頃、よく親から、「我が強い」と言われていた。
そういう親こそ、我が強いのだけど。

父は、「わしは頑固や」と威張っていた。
でも、女の子どもは、「我が強い」と、許されない。

そんなこんなで、悔しいけれど、
泣き寝入りをする子ども時代だった。

で、今、
やっぱり、泣き寝入りは多い。
自分の言い分を通す人は、たいてい、社会的身分の高い人だ。
地位も身分もない者は、言われっぱなしでその場をやり過ごす。

ある団体のある長、
社会的に有名人だ。
超有名な女性だ、
その人が、あるポータルサイトの使い方を少々間違っていた。
間違っているから、うまくいかなかったのだが、
それをポータルサイトの作りのせいにしている。
で、「こうすれば?」と、お伝えする。
それまでは、自分が間違っている、とはつゆほども思っていなかったのだけど、
ようやく、わかってくれた。
それでも、あなただけが独特で、それ以外の人は、すべて同じだから
揃えたらどうか? と言ってきた。

オイオイ、どうしたら、「すべて」なんて言えるのだ。
ちょっと、確認すれば、私と同じやり方の人は結構いるじゃないか。

しかし、もはや、
「すべてではありません」と言う気は起きない。
へえこらして、事を済ます方が、何かと平和に終われる。
あんなすごい権力のある人にたてつく度胸はない。
女性で、あそこまで登って行った、というだけで、すごいことだし、
小さな間違いは帳消しだ。

でも、私の心に刺さったトゲは抜けないけどね。

別のある有名人が、講演の中で、「負け癖」から抜け出そうと言っていた。
その人は、いつもいいことを言う。
そうだよね、
私たち、地べたを這う者は、負け癖がついてしまっている。
こらえ癖が習い性になっている。
いや、この私が、地べたを這う、なんて、言うべきではないだろう。
もっと、この社会の辛酸を舐めている人たちから、呆れられるだろう。
なけなしのお金をカンパして、生活を維持する算段をするのが私にできる精一杯のこと。

しかし、それでも、
この負け癖、こらえ癖のメンタリティが、
人間の活力の総量を、権力のある人の1割ほどにも低減させ、
がんばる意欲を削ぎ落している事実を、
言わねばならない。

つい最近、パワハラに遭って転職した友達が、
ものすごく、元気をなくしていた。
いつも通りにふるまっていても、
その人のバイタリティが吸い取られてしまったのは、よくわかる。
メンタルな活力は、なかなか測れない。
血圧を測るようには測れない。
それは、言わねばならない重大事なのだ。

虐待を受けて成人した人が、
一定以上は頑張れないように、
歯を食いしばっても生き続けるのに精いっぱいであるように、
メンタルがやられると、
生活の質全般が落ちる。
権力のあるやつは、そうした精神力も含めての能力、適応力であることを知るべきだが、
奴らは決して知ることはない。
知る必要がないから。

生きている間に、
このことを告発しないといけないのだが。
いつまでにやれるか。
この、バイタリティの減ってしまっている身で。

世の中に不思議なことはたくさんあるけれど、、、2021/02/04 12:52

以前から、思うことの一つ。

テレビ番組で、関西を舞台にするのに、
なぜ、関西出身の役者を使わないのか?

どんなによくできたストーリーでも、
関西人のはずの登場人物が、
奇妙なイントネーションで大阪弁や京都弁を話すのを聞くと、
とたんに、
興ざめる。

方言指導という立場の人がいるが、
完璧にはできない。
チョイチョイ、救いがたい破綻がある。
イントネーションは致命的だ。
関西といってもいろいろあるけれど、
関東イントネーションはあかん。
そこだけは押さえろ、と、
ばあさんごまめは、文句を言っております。

誰にも聞こえないんだけどね、、、

ヒラメも悩んでいる?2021/01/22 18:23

安倍政権の頃から、
ヒラメ公務員という言葉を聞くようになった。

「忖度」ばかりして、上の方ばかり見ている公務員をヒラメ公務員と呼ぶ。

実は、私は公務員と何度か大げんかをしている。
いずれも、公務員といっしょに仕事をする専門職の立場だったとき。
公務員の組織にきっちり組み込まれているわけではなく、
でも、給料は行政から支払われている立場で、
上司に当たるのだろうけれど、こちらは別建ての位置づけという、
そういう状況で、ブチ切れた。

相手も強く言えず、手を焼いていたのだろう。

相手は、ヒラメの群れの中で仕事をしていたら、
急に横を泳いでいた種類のわからん小さな魚が襲ってきた感じか。
相手から見ると、私は、じゃこのふりした鮫だったのかしらん。
とにかく、私は怒りまくったのを覚えている。
啖呵を切った、というようなかっこいいものじゃなかったと思うけど、
でも、それ以後、私には何も言わなかったから、
相当厄介な存在だったのだろう。

だって、彼らはヒラメの生態で生きているだけだものね。
並んで上を見ていると思っていたのに、横から、襲われてびっくりしただろうね。

しかし、だ。
公務員というのは、上が言ったら、絶対従わないといけないのか。
上に意見を言ってはいけないのか。

私はヒラメの群れにいるヒラメであった経験がないので、
そこはわからない。

しかし、おかしいと思うことはおかしいと言いたいではないか。
自分が説明できないようなことを、他人に従わせようとするなよ。

私は、自分が説明できることに責任を取りたい。
が、そういう人間は公務員が務まらないだけなのか。
上の言いなりで何とも思わない人間が公務員になるのか。

いや、ヒラメも悩んでいるのかもしれない。
実際、懊悩しているヒラメはたくさんいると思う。
この誠実な人たちを苦しめないで、
きちんと意見を主張したい。

今日は、行政の会議。
私は吠え気味だった。
だって、上司(今回は自治体トップだ)の無理難題に困った公務員が、
そのトップとは意見の異なる私に納得してもらおうと躍起になっているのだもの。
M吉をなめてたね。
ふだん、やわやわしているから、懐柔できると思ったか?

闘いは続く。(ため息)
しかし、懐柔できない私に、ヒラメたちもため息をついているのだろうな。

なんだか、イラつく2020/12/20 20:53

いつものことなのだけど、
本当に、チョイチョイいらつく。

不要不急の外出を控え、
家でおとなしくしているのに、
理事会というもののお仕事がたまにあったりする。

今度は、門松を作る手伝いを要請された。
断りたかったが、
こちらの予定を先に聞かれたので、
つい、「その日は空いています」と言ってしまってから、
門松作りだってさ。
狡猾なやり方だ。

しかも、
「女性のセンスがあった方がいいので」と来た。
また、言われた。
「女性のセンスなんかありませんが」と言ったけどね。
以前も、この理事会で、
ある役を引き受けたとき、
「女の人が入ってくれたら、細やかなことに気がつくから」と言われた。
おっさんら、本当に、こういうことしか言えないらしい。
その時も、「細かいことには気づきません」と言ったが、
そういうのって、謙遜だと思うらしい。
「いやいや、、、えっへっへ」と相手は反応する。

もう、勘弁してよ、そのステレオタイプ。
大学ではまず経験しないことだ。
まあ、本音は知らないが、
私が何を教えているのかを知っている教員は、そんな馬鹿なことはまず言わない。
いや、たいていの女性には言わないだろう。
その程度の知識はある。
が、地域社会とは、こんなものなのか。
度し難いおっさん連中が闊歩している。

それでも、たぶん、上品になってきた方なのだろう。

あ~、こっちの舌が回る間に、
いっぺん、この連中に研修を受けさせたいわ。
若い頃は、くだらない反論してくる奴もいたが、
こちらも年を取って、だいぶん心得てきたので、最初からアホな反論を封じる手立ては打てるようになった。

コロナ禍で、
授業もしない、研修もなくなっている、
もう、喋る機会がないので、なんだか、牙を抜かれたわ。

大してネタもない日常2020/11/29 18:43

授業は、パソコンに向かって一人で講義。

90分経っても、チャイムが鳴るわけでもないので、
ついしゃべりすぎて110分も講義をしてたりする。

長いのが続いたので、今回は、ちょっと短めに、
簡潔に仕上げようと思った。

社会的養護を扱ったので、参考教材に、ちょっと読み物か動画でも、
と探していて、
児童養護施設をテーマにしたショートムービーを見つけた。

なかなか趣旨がいい感じ。

で、観てみた。
いきなり、風俗に行くみたいな話題。
ん?  これ、使えないんじゃ?
やがて、ホテルの一室に現れるデリヘル嬢。
あかん! 使えん!
大学の授業で、これは流せん。
ヤバいシーンは皆無だけど、「風俗」ネタそのものがアウト!

一人つっこみして、まぁ、ショートなのでそのまま観ていたら、
映画自体は悪くなかった。
短編ながら、最後は感動もさせてくれた。
残念だわ。

RAILROAD SWITCH
という映画。