トランプの戦略2021/01/22 20:02

トランプは、
「既得権益」をむさぼる連中によって収奪されてきた正当な利益を奪還したい、という欲望を
不満を持っている人々の心奥から掘り起こし、
煽り、
狂信的な信者を増やした。

このやり方は、大阪で維新の橋本が、
公務員を批判し、
日頃から公務員に不満を持っている層の代弁をして、
支持者を増やしたのと同じだ。

トランプも橋本も、人々のくすぶる怒り、不満にうまく火をつけた。
アメリカは暴徒と化した人々がたくさん現れ、やっぱり極端な国だと驚いたが、人々のトランプへの傾倒は共感はしないが推測はできる。
だが、トランプのカリスマ性は、トランプ教団の教祖までであるべきだったとは思う。
とにかく、あの扇動はうまかった。
最後は、隠れていた狂人ぶりが露呈して、ハッと我に返った信者もいただろうが。

維新の人気もこれに近くて、ちょっと怖い。
しかし、今のところ、暴走は止まっている。
若い人は、維新を革新だと思っている、と聞いて、革新の意味も変わったのだと改めて思う。
都構想を焦りすぎて、大阪市民は、何とかわけのわからないところの手前で踏みとどまれた。
しかし、維新は、相変わらず人気がある。
ポピュリズムの典型だ。

そして、こうしたトランプや維新の人気が、
ナチスの台頭と重なって見えてこわい。
じわじわと大きくなる。

バイデンになってようやく、平常に復した、という感じがする。
今後は、まともな政党政治の攻防になっていけばよい。
あるニュースでは、トランプとバイデン政権とは、この幕引きに当たって、裏で取引をしただろうと憶測している。
それが本当なら、トランプは弾劾されない。
弾劾なしを条件に、そろりとホワイトハウスを立ち去ることを受け入れたのではないかと。
トランプ教の信者は蚊帳の外なのだろう。
プアホワイトの怒りは反知性主義の波と結びついて、うまいことトランプに操られたと思う。

橋本にしても、トランプにしても、
人々の不満を掘り起こし、怒りに火をつける、というやり方で、
人々を扇動したのだが、
このパッションは怖い。
思想的賛同ではなく、激情に働きかけるやり方は危険だ。
橋本は、最近、テレビによく出ていて、
彼の言うことが全部いやだということではない。
他の政治家が言わないことも言っていて、各論では賛成できるところもある。
だが、最も重大なことを彼は自覚していなかったと思う。
自分の中の激情が大衆の激情に共振し、
危険な波を生み出すことに。

政治は、感情で動かしてはならないのだと思う。
人々は、政治家の私利私欲が見えれば、もちろん、非難する。
「許せない」と思う。
だから、そこに訴えかけるように、葬り去りたい議員や切り捨てたい議員が「不正」を働いた、という発信は成功する。

しかし、頭に血をのぼらせていては、公正な判断はできない。

役所の窓口で、カウンター越しの担当者に暴力をふるうような
空しくて凶暴な行為に出るのではなく、
その背後にどういう構造が闇深く広がっているかを見抜けないと、
雑魚同志でいがみ合って傷つけ合っているのを高みの見物をしている者たちが、
相変わらず、この世の富をさらって豊かになるだけだ。

いい加減、目を覚ました方がいいのだが、
富を独占している連中は、
この世を動かす手段も権力も、もうとっくに手に入れている。
その手法は、人々に媚薬をかがせ、催眠術にかけ、一瞬のイリュージョンで惑わせるなど、実に巧妙なのだ。

平安神宮神苑2017/08/06 13:40

くそ暑い(おっと、お下品!)、猛暑の京都に行って参りました。

友人の用事につきあったのですが、用事が済んでから、平安神宮に行きました。
ただ暑いばかりで、ほんとに特筆すべきことのない京都散策ですが、
ふだんはお金を払ってまで入ることはない、と、行かないできた神苑に入りました。
桜の季節とか、紅葉の頃とか、見ごたえのある時期もありますのに、
このどうしようもない暑熱の下を、600円を払って、酔狂なお庭観賞に入りました。
これも暑さのせいでしょう。

珍しく写真を何枚か撮ったので、載せてみます。
たぶん、子どもの頃に、親か祖父に連れられて、入ったことはあると思うのですが、
自分が大人になってから、入ったことはありませんでした。
今の季節は少々もったいないかもしれませんが、春や秋なら、やはり見応えはあるでしょう。

入場券を買って入って間もなく、
日本最古の電車が展示されていて、子どもの頃の市電を思い出します。
もちろん、私の子どもの頃は、ここまで古くはありませんが(^^)


社殿を回り込んでいる神苑は、中央に4つほどに分かれた池があり、ぐるりと池の端をめぐるようにゆっくり歩きます。





しばし池の上の渡り廊下で、さわさわと吹く自然の風に涼みました。
池にはたくさん鯉がいて、実に平和な世界。
たたずまいが美しく、静かです。
このあたりは観光客も少なく、大人の人が一人、二人とそぞろ歩きしているところです。

説明書きも読まず、ただただ風景と空気を味わいました。
単に暑くて、説明なんてどうでもよかったんだけど(^^)

平安神宮は、明治28年に創建されていますから、近代の都市建設の一部ですよね。
だから、古い由縁を探す、というお勉強モードは要らない感じで、わたし的には気楽でした。

2017/04/16 09:16

水曜日に、買い物から帰って来たとき、
我が家の前(と言ってもマンションの前ということですが)の美しい桜に圧倒されました。
今やもう葉桜ですが。


下は、 お天気が良くて気持ちの良い仕事帰りに、京都で撮った写真です。
京都の北部は、大阪より少し気温が低いので、季節の風景に時間差があります。


スマホで撮ったので、画像はイマイチですが、目で見る風景はほんとうに美しい。

美しい花を見ると、心に滋養がいきわたる感じがします。
すばらしい贈り物をいただいた感じがします。
自然の恵みと丹精してくれた人に感謝ですね。

終の棲家2017/03/17 15:52

昨日、S姉が、後見人の会合の後、
M叔母(夫の叔母)を訪ねると言うので、一緒に行くことにした。
お正月に会えなかったので、ご挨拶に。

昨年の秋に、住まいを息子夫婦に譲り、
新規オープンしたケアハウス(と呼ぶのだろうか?)に夫婦で入居した。
叔母は私の母と同年生まれで、叔父はもう91歳。
二人ともまだ元気で、基本的に機嫌のよい人たちだ。

このケアハウスは、とても快適そう。
「住み心地は?」と問えば、
叔父「まぁ、いい方じゃないかなぁ」と満足している様子。
叔母「至れり尽くせりで、ボケそうなくらい、住み心地は最高」とのこと。

たくさんおられる若いスタッフは、入居者に対して礼儀正しく、丁寧で、
ホテルにいるような感じが漂う。
各階にサロン風のスペースがあって、贅沢に空間が配置されている。
叔母たちの居室は、一番大きいようで、40㎡以上ある。
もちろん、以前の住まいとは比べるべくもないが。
下は、ケアハウスのカタログの写真だが、
叔母たちの部屋は前の住まいから持ってきたアンティークな高級調度品が置かれていて、もっとゴージャス。


三食つくってもらって、掃除もしてもらって、洗濯もしてもらって、
おけいこ事(細かくスケジュールがあって退屈しないとのこと)ばかりしていて、
ほんとにボケてきた、と叔母は言っていた。
確かに、私のことを最後までわかっていなかったかも、、、。

「死ぬまでここにいることになります」と、お見送りをしてくれた叔母が言っていた。
結構な終の棲家だ。
リッチな人の人生のしまい方を見た感じ。

私の終の棲家は、この猫の毛だらけの散らかった3LDKかと思ったら、
せめて片づけ位しましょうと、廊下に放置していた段ボール箱だけ片づけた。
徐々にきれいにしよう。

昨日の梅2017/03/09 16:25

年に一度、梅見で会う古い友人がいる。
昨日は、その年に一度の日。
よりによってこの寒さは何だ! と言いたくなるような冷え込みだったが、
でも、天気は上々で気温が低く、梅見にはぴったりの日だったのだろう。




もう終わってる花が多いかと思ったが、満開だった。

久しぶりの友人は、今までで一番元気なように見えた。いつも、ちょっとひかえめで、病弱な感じさえしていたが、昨日はテンションも高め。
ノンストップで喋る。

こういう感じの人だったかなと、一年ぶりのせいか、少し戸惑う。
話は面白い。
私と同じような仕事だが、分野が違うので珍しい話も聞く。

やっぱり、私自身が体力が落ちているのかもしれない。
昨年はそうは思わなかったのに、相手の元気さに圧倒されているのは、
おそらくこちらの低下のせいだろう。

彼女曰く、
最近、会いたくない人と会わなければならない機会が多いので、
本当に自分が会いたいと思う人に会おうと思って、急いで連絡をとってくれたそうだ。
会いたい人というのは、
「M吉さんのように」と、彼女は言う。
「でしゃばらないで、相手に気配りもできて、控えめだけど、でもちゃんと自分の考えを持っている人なの」とのこと。
そ、そんな立派なんですか、私、と、褒められ慣れない私は落ち着きを失う。

毎年、梅の季節は、もの悲しい感じがある。
友人が亡くなったのがこの季節で、
そのつながりで、もうこの世にいないあの人この人がふと思い出されるせいか。
それとも、古木のような梅の枝振りが、自分の老いと重なるのか。