老老介護?2017/09/21 11:20

我が家のネコちゃんは、
すっかり年を取って、よろよろしていることがあります。
鳴き声もすっかり変わりました。

20歳を超えている、ということは、人間でいうと何歳なのかな?

先週あたり、近くに来ると、
すごくおしっこ臭い、という状態になりました。
ウエットティッシュでからだを一生懸命拭いても、取れないのです。
毎日そんな感じで、膝の上に乗られても、臭くてたまらない。
最近は粗相も増えたし、結構、この子のケアに疲れます。

臭いだけは何とかしたいと、ペット製品を売っているお店に行きました。
「高齢なので、シャンプーで体力消耗するかもしれないし」と、
相談しましたら、
今は、洗い流さないシャンプーというのがあるんですね。
それそれ! とさっそく買って帰りました。
ペット用のウエットティシュも買いました。

さて、早速、近寄って来たネコちゃんに
シャンプーの泡を吹きつけます。
そして、その泡を毛の根元までいきわたるように、からだをマッサージ。
この子はからだをマッサージされるのが大好き。
「今度はこっち」という感じで、からだの向きも変えてくれます。
で、全身泡だらけになった後、乾いたタオルで拭き取ります。

若い時だったらこうはいかなかったでしょうけれど、
今は、されるがまま。
おとなしくしていてくれて、楽です。

その後、ウエットティシュで仕上げるように、全身を拭き上げてみました。

その時はまだ臭いが残っているような気がしたのですが、
次の日から、全く臭わなくなりました。
しかも、毛ざわりもふわふわといい感じ。
ずっと触っていたくなるようなさらさらした毛ざわりです。
こぎれいなネコちゃんに戻りました(^^)

シャンプーの効果に不安があって、
アマゾンで、ペット用の安心安全な消臭剤というのも買ったのですが、
今のところ出番なしです。

いろいろあるんだなと感心しました。

一時期は老老介護で、へとへとだったんですが、ちょっと一息です。

どうでもいい日常のこと2017/07/03 09:22

ほんとに、どうでもいい日常のことです。

我が家のネコちゃん、
以前は、掃除機をかけると、逃げ出していきました。
掃除機で彼女を追いかけていくと、
(追いかけるつもりはないけど、掃除機をかけようとする所にいる)
とにかく、逃げ回っていました。
今は、耳が遠くなったのか、音に動じなくなりました。
先日、ちょっといたずらで、彼女の体に掃除機をかけてみました。
掃除機はキュルキュルと音を立てて、彼女を離さない。
で、どうなったかと言うと、彼女は掃除機がお気に入りになったのです。
掃除機のスイッチを入れると、すぐに駆け寄って来て、
「吸って、吸って」というように、身をすり寄せてきます。
抜けがちな毛を吸い取るように、掃除機のホースの先でからだをこすると、なんか気持ち良さそう。
今では、掃除機をかけるついでに、彼女のムダ毛処理もします。
本人は喜んどります♪

もう一つの、さらにどうでもよいことだけど、
わたし的にショックなこと。
最近は、部屋全体を冷やすエアコンより、冷風扇を利用することが多いのですが、
(冷風扇は、適当に涼しくなります)
困ったことに、音が静かなのと、冷え過ぎず快適なので、
つけていることを忘れてしまうらしく、
朝、起きてリビングに来たときとか、外出から帰って来た時に、
冷風扇が首振りしているのに、気づくことが多いのです。
あ~、ずっとついてたんだ! と結構、ショック。

どうも最近、どこかが緩んできたような、、、。
猫も私も。

朝から痛いよ2016/06/14 09:00

我が家のネコちゃんが高齢であることは、
ここにもちょくちょく書いていますが、
さらに、困ったことに、、、。

動きが鈍くなってきて、
バランスがとりにくくなったのではないかと思うのですが、
私の膝に乗って来ても、
膝の上でゆらりと揺れたりします。
こちらは動かないで彼女が落ち着くのを待つのですが、
それでも、バランスが崩れそうになるのでしょう。
すると、爪を立てます。
床の上ならいいですが、
薄着になった私の膝の上でやられると、
「いったぁ~!」(泣)と私が叫ぶことになります。
そして、彼女がころばないように差し出した手にも、
爪を立てます。
「いったぁ~!」
ち、血が・・・

飛び上った私から離れて、彼女はいつもの自分の居場所に。

血がにじんだ傷口に薬を塗りながら彼女を見ると、
きょとんとした目で見ています。

この子、実は噛み癖もあって、
最近、暑いので、
七分パンツになったために出ている生足を
油断していると噛みつきます。
それも、痛い!
最近、皮膚も過敏になっているのか、昔より痛みが強いのです。

悪意も敵意もない、小さなペットからの被害。
それは、幼い子どもも同じですね。
子育て中、無邪気な子どもの行為で痛い目に遭ったことは何度もあります。
でも、悪意も敵意もない相手の偶然の行為だったら、
何をどうすることもできない。
我慢するしかないですね。

こっちが強くなるしかないか、、、。
ちょっとくらいひっかかれても、平気な体をつくる?
今更、ちょっと遅いような気もしますが、、、。(涙)

リモコン貸して!2016/06/08 14:19

いや!

絶対、いやだから!


ごはん、まだですが、、、2016/06/04 13:40

高齢の認知症の方が、
食事を済ませているのに、
「まだ、ご飯食べてません」と言い張る人がいると、何度か聞いたことがあります。
そして、ご飯を催促されるとか、、、。

そんなことを思い出す、我が家のネコちゃん。
ごはんをあげたばかりなのに、
にゃぁ、にゃぁと催促します。
「え? 今、食べたでしょ?」と言うけど、
うるさく訴えてくるので、仕方なく、もう一度、キャットフードをお皿に入れます。
すると、食べます。

若い頃より、たくさん食べます。
いったい、どこに入るのだろう?

キャットフードの消費量がぐんと増えました。

夜中でもしょっちゅう鳴いているのは、
ネコも認知症になるから、とも聞きました。
まぁ、からだの方は、いたって元気そうです。
何よりですにゃ!