浜名湖で2017/06/05 11:53

一昨日は、ある研究会があって、浜松に行きました。
たまたま前日、電話で友人に
「明日、浜松で○○の研究会があるので行くの」と話したら、
「私も行く!」と言うので、急遽、一緒に出かけてきました。
研究会はとても良くて、最近、ちょっとだれ気味だったのですが、活気が戻ったような気分でした。
友人にも、「よかった~、ありがとう♪」と、とても感謝されました。

さて、行きの電車の中で、
「せっかく、浜松に行くのだから、観光して帰らへん?」と友人が言うので、
遊ぶのにはノリのよいわたし、即、賛成。
一人で行くつもりだったので、日帰りの予定でしたが、
翌日は何も予定が入っていなかったので、急遽、浜松駅前に宿を取りました。
気楽なひとり暮らしの行き当たりばったり、です。
「帰りは明日になる」と、猫ちゃんに電話するわけにいかず、それだけが気がかり。

で、初めて浜名湖を訪れ、とても素敵なところだと思いました。
年を取ると、旅行の味わいが変わります。
「昭和」を思い切り強調した天竜浜名湖鉄道に、フリーチケットで乗車。
降りたり、乗ったり、自由です。

前日から「ウナギ」を食べることばっかり、話題にしている友人。
一昨日の夜の会話。
友人「あ~、やっぱりこっちかな~」
M吉「研究会のこと? 何がこっち?」
友人「ウナギ。どの店にしようかなと思って」

研究会の夜は、当地の参加者の一人が、浜松餃子を紹介してくれて、いっしょに餃子を食べたので、
(それもおいしかった! 餃子なんてめったに食べない私には新鮮で、堪能しました。)
ウナギは翌日のお昼に食べることにしました。
友人「朝からウナギはどうやろ?」
M吉「お昼にしよう」
友人「どこでお昼食べる?」
M吉「明日のお昼は、明日、考えよう」
友人「食べられなかったら、どうしよう」
M吉「これだけ、名物なんだから、たくさんお店はあるでしょ」

友人は、ずっとウナギの心配。

翌日、天竜浜名湖線に乗ります。
早く湖が見たい私。湖のすぐ傍を走ると書かれています。
ずっと、観光案内を見ていた友人、
「もうちょっとしたら、こっちに見えるらしい」。
「え? そうなの?」と私は身を乗り出して、窓の外に目を凝らします。
友人「ウナギ屋さんが見える。急に身を乗り出して、びっくりしたぁ~」
M吉「ウナギ屋さんが見えるの?」
拍子抜けした私に、友人は大笑い。(私が笑われる立場? ん?)

ウナギ屋さんは、大人気のお店で確かにおいしかったです。
写真、撮るの忘れたけど。

で、ウナギを食べて、やっと風景に関心をシフトさせてくれた友人と車窓を楽しみます。
で、下車した三ヶ日駅は、とても風情があります。


三ヶ日駅から、少し遊歩道を歩いてみました。
でも、電車一駅分歩いて、リタイア。
湖畔は、人っ子一人いません。
静か過ぎて、ちょっと不気味なくらい。
でも、ず~っと、湖を見ながら歩きます。
大阪の喧騒から離れて、素敵な風景でした。
対岸の森や点在する建物、静かに波打つ湖面、時折魚が躍ります。
良いプチ旅行をしました。

夜、我が家に着くと、猫ちゃんが「ニャン」と走って迎えに出て来ました。
シチュータイプもドライタイプも、いつになくフードのお皿は洗ったようにきれいに食べてありました(笑)