寄ってたかって、、、2020/09/03 14:11

私は見たことがないのだが、
『半沢直樹』というドラマ(これがタイトルだっけ?)が人気があるそうだ。
組織の悪い奴らと闘うらしい、と想像している。

見る気がしないのは、
ドラマって、悪役がはっきりしていて、わかりやすい物が多いので、
「いいよねぇ~、そんなに悪い奴がはっきりわかるのなら、闘うべき相手がよく見えていいじゃないか」という、
私の悲哀が増すような感じがするから。
よけい、悲しくなるから。

私の心をずたずたにした過去の出来事は、
(いや、心だけでなく、からだもズタボロだった)
そんなわかりやすい悪人はいない。
寄ってたかって嬲り殺された気分だ。
しかし、この寄ってたかって、、、というのは、一人ずつは大罪を犯していないし、本人も罪悪感はない。
私は、経験上、これほどたちの悪いものはないのではないかと思う。

扇動した人はいるだろうが、それだって、「扇動」した意識はないだろう。
ひそかにささやく、そして、それがじわりと広がる。
集団の力動のこわさだ。

敵を定めるのは難しい。

ある人が、組織の中で、「小突き回された」と表現した。
私は、何が起こったかを見ている。
そのある人は責任者で、被雇用者の処遇について役員たちに相談したのだ。
被雇用者は、就業規則について定めていないお盆休みを求め、就業規則にないので、どうしようかという相談だった。
それに対して、役員たちは、
「そんなの当然でしょ」
「今まで放置してたのですか」
と、なかなか手厳しい。
組織の代表者も、批判めいたメールを送っていた。
就業規則には、その責任者は、規則に定めていない事項について、代表者に判断を仰ぎ、実行することになっている。
それだけの手続きだ。
で、まずい雰囲気になっていると思って、
「代表者に具申し、許可を得ればよいと思います」と、
一言、私の方からメールを送ったら、それで止まった。
役員たちもどうかとは思う。
プライベートタイムのおしゃべりとは違うのだから、ビジネスライクにやればいいのに、
なぜか、ワイワイとうるさい。

その出来事を、その責任者は「みなに小突き回された」と表現したのだ。
わからなくはない。

私も一度、全体の方向と異なる意見をメールで投げたら、
やはり同じメンバーたちが、ワイワイと説教くさいメールを次から次に送って来た。
もううんざりして、「わかりました」とだけ、返事をしたことがある。
後で直接会ったメンバーの一人が、
「あのメールで怒ってる?」と聞くので、
「まぁ、いやだった」と答えたら、
「深夜のメールはよくないね。つい、自分の意見に酔って演説口調になってしまう」と言った。
こういう会話が後でついてくると、一時の不快さは解消される。

しかし、くだんの責任者は、どんどん説教好きな役員たちから距離を置き、離れて行った。
こうなると、修復は難しい。

一人ずつのメールは、そんなにひどくないかもしれない。
まぁ、いささか手厳しい感じではあったが、
受け取った方が丈夫な時なら、立ち直れたかも。
が、いろいろ弱っているときにメールで諫められても、
小突き回された、としか思えないのだろう。

寄ってたかって、というのは罪悪感が薄いから、
やられた方のダメージは大きいが、
やった方は、無傷だったりする。

私にとって、痛手がまだ尾を引いているので、
まだこだわっていることだ。