真っ当に生きるということ2021/01/20 09:18

立て続けに、
大きな「組織」というものと対峙しなければならない状況に陥っている。

今から14年前、組織の問題に巻き込まれ、心身が絶不調になった経験がある。

結局、大腸を切る手術になったことで、
「断腸」というのはまさにその通りだなと思った。
完全にストレス性だった。
今では、大腸も小腸も切った人間である。
その手術時の施術の問題で、腎臓にも瑕疵が残った。

今は、もうちょっと早く逃げられる。
命を削ってまで、付き合う気はない。

しかし、行政組織というものは、本当にとんでもない怪物だ。
まあ、民間の大組織も同じようなものだが。
これら二つの組織と、今、ややこしい。

思うのだが、
真っ当に生きようと、
真っ当な思想を口に出して、友人たちと喋っているだけのあいだは、
まだまだ安全な社会だ。

が、ひとたび、何らかの影響を与えてしまう立場になると、
たちどころに袋叩きだ。
「子ども」のように、言わせておけばいい、というように扱われていたのが、
組織の力学にちょっと食い込んでしまったとたんに、
潰しにかかられる。

真っ当に生きているつもりが、実は生きられてはいないのだ。
誰にも影響を与えず、
権力を持っている者にやりたい放題やられていても、
街の片隅で、「正しい」ことをつぶやきながら、
人様の邪魔をしないように生きている、というのは、
実は、真っ当に生きていると胸を張って言えるようなものではないのだろう。

ここ数日、行政の担当者とやり取りを続けているが、
いかに連中が外部委員をなめているのかがよくわかった。

腸が千切れないように、どううまく「真っ当な」主張を続けるか、
まだスキルが足りないと、この年になっても思う。

ヒラメも悩んでいる?2021/01/22 18:23

安倍政権の頃から、
ヒラメ公務員という言葉を聞くようになった。

「忖度」ばかりして、上の方ばかり見ている公務員をヒラメ公務員と呼ぶ。

実は、私は公務員と何度か大げんかをしている。
いずれも、公務員といっしょに仕事をする専門職の立場だったとき。
公務員の組織にきっちり組み込まれているわけではなく、
でも、給料は行政から支払われている立場で、
上司に当たるのだろうけれど、こちらは別建ての位置づけという、
そういう状況で、ブチ切れた。

相手も強く言えず、手を焼いていたのだろう。

相手は、ヒラメの群れの中で仕事をしていたら、
急に横を泳いでいた種類のわからん小さな魚が襲ってきた感じか。
相手から見ると、私は、じゃこのふりした鮫だったのかしらん。
とにかく、私は怒りまくったのを覚えている。
啖呵を切った、というようなかっこいいものじゃなかったと思うけど、
でも、それ以後、私には何も言わなかったから、
相当厄介な存在だったのだろう。

だって、彼らはヒラメの生態で生きているだけだものね。
並んで上を見ていると思っていたのに、横から、襲われてびっくりしただろうね。

しかし、だ。
公務員というのは、上が言ったら、絶対従わないといけないのか。
上に意見を言ってはいけないのか。

私はヒラメの群れにいるヒラメであった経験がないので、
そこはわからない。

しかし、おかしいと思うことはおかしいと言いたいではないか。
自分が説明できないようなことを、他人に従わせようとするなよ。

私は、自分が説明できることに責任を取りたい。
が、そういう人間は公務員が務まらないだけなのか。
上の言いなりで何とも思わない人間が公務員になるのか。

いや、ヒラメも悩んでいるのかもしれない。
実際、懊悩しているヒラメはたくさんいると思う。
この誠実な人たちを苦しめないで、
きちんと意見を主張したい。

今日は、行政の会議。
私は吠え気味だった。
だって、上司(今回は自治体トップだ)の無理難題に困った公務員が、
そのトップとは意見の異なる私に納得してもらおうと躍起になっているのだもの。
M吉をなめてたね。
ふだん、やわやわしているから、懐柔できると思ったか?

闘いは続く。(ため息)
しかし、懐柔できない私に、ヒラメたちもため息をついているのだろうな。

トランプの戦略2021/01/22 20:02

トランプは、
「既得権益」の上にあぐらをかいている連中によって、
収奪されてきた正当な利益を奪還したい、
という欲望を
不満を持っている人々の心奥から掘り起こし、煽り、
狂信的な信者を増やした。

このやり方は、大阪で維新の橋本が、
公務員を批判し、
日頃から公務員に不満を持っている層の代弁をして、
支持者を増やしたのと同じだ。

トランプも橋本も、人々のくすぶる怒り、不満にうまく火をつけた。
アメリカは暴徒と化した人々がたくさん現れ、やっぱり極端な国だと驚いたが、人々のトランプへの傾倒は共感はしないが推測はできる。
だが、トランプのカリスマ性は、トランプ教団の教祖までであるべきだったとは思う。
とにかく、あの扇動はうまかった。
最後は、隠れていた狂人ぶりが露呈して、ハッと我に返った信者もいただろうが。

維新の人気もこれに近くて、ちょっと怖い。
しかし、今のところ、暴走は止まっている。
若い人は、維新を革新だと思っている、と聞いて、革新の意味も変わったのだと改めて思う。
都構想を焦りすぎて、大阪市民は、何とかわけのわからないところの手前で踏みとどまれた。
しかし、維新は、相変わらず人気がある。
ポピュリズムの典型だ。

そして、こうしたトランプや維新の人気が、
ナチスの台頭と重なって見えてこわい。
じわじわと大きくなる。

バイデンになってようやく、平常に復した、という感じがする。
今後は、まともな政党政治の攻防になっていけばよい。
あるニュースでは、トランプとバイデン政権とは、この幕引きに当たって、裏で取引をしただろうと憶測している。
それが本当なら、トランプは弾劾されない。
弾劾なしを条件に、そろりとホワイトハウスを立ち去ることを受け入れたのではないかと。
トランプ教の信者は蚊帳の外なのだろう。
プアホワイトの怒りは反知性主義の波と結びついて、うまいことトランプに操られたと思う。

橋本にしても、トランプにしても、
人々の不満を掘り起こし、怒りに火をつける、というやり方で、
人々を扇動したのだが、
このパッションは怖い。
思想的賛同ではなく、激情に働きかけるやり方は危険だ。
橋本は、最近、テレビによく出ていて、
彼の言うことが全部いやだということではない。
他の政治家が言わないことも言っていて、各論では賛成できるところもある。
だが、最も重大なことを彼は自覚していなかったと思う。
自分の問題意識が大衆の中のネガティブな感情に届き、
激情として人々に共振し、
危険な波を生み出すことに。
「正しいことは何か」を考えるのではなく、
「自分は損をした」という怒りで行動する人たちが共振し合う事態だ。

政治は、感情で動かしてはならないのだと思う。
人々は、政治家の私利私欲が見えれば、もちろん、非難する。
「許せない」と思う。
だから、そこに訴えかけるように、葬り去りたい議員や切り捨てたい議員が「不正」を働いた、という発信は成功する。

しかし、頭に血をのぼらせていては、公正な判断はできない。

役所の窓口で、カウンター越しの担当者に暴力をふるうような
空しくて凶暴な行為に出るのではなく、
その背後にどういう構造が闇深く広がっているかを見抜けないと、
雑魚同志でいがみ合って傷つけ合っているのを高みの見物をしている者たちが、
相変わらず、この世の富をさらって豊かになるだけだ。

いい加減、目を覚ました方がいいのだが、
富を独占している連中は、
この世を動かす手段も権力も、もうとっくに手に入れている。
その手法は、人々に媚薬をかがせ、催眠術にかけ、一瞬のイリュージョンで惑わせるなど、実に巧妙なのだ。

なんか、絶望的だな2021/01/27 22:38

菅首相が誕生した時、
彼は、
「自助、共助、公助」と恥ずかしげもなく言った。

私の周りは、一人残らず、呆れて、絶句してしまった。

政治家が、「自助」なんて言葉を使うのか、、、。
順序が逆だと言う人もいたが、
私は、そもそも、政治家の口からそんな単語が出て来ること自体に、ものすごく抵抗感。
政治家の仕事を、初っ端から投げ出したことばだ。

そんなことを言う奴は、政治家ではない。

案の定、彼は政治をしない。
今、惨憺たるありさまだ。

自民党に投票する奴って、どんな奴?
責任取れよ。
自分が選んだんだから。
「国民が選んだんだから」とはよく聞くフレーズだが、私は選んでいないよ。
国民の責任にして、評論家ぶっている連中にもむかつくのだ。
自民党を選んで、ずっと政権を許し続けている連中のせいだ。

と言っても、そういう人たちは、
自分たちの責任なんて、考えもしないだろう。
大きな政党だから、寄らば大樹と、選んでいるのだ。

力のある者におもねる文化は、「日本の伝統」だからね。