正直、面白みのない日々である2020/07/26 13:45

去年からチケットを買ってあったコンサートもすでに2回延期。
楽しみにしていたのに、つまんね。

でも、実際、「やります!」と言われたら、
ひるむかもしれないのも確か。
席は端っこで隣は通路、というのをとりあえず確認していた。
それでもコンサートホールは密だ。
最近の映画館は、結構、前後とのスペースを取ってあり、
隣の席を空けて座れば、あんまり窮屈ではないことが多い。
が、コンサートホールは、結構詰め込みタイプだ。
前後左右、余裕がない所が多い。
と言うか、ゆったり座れるコンサートホールを知らない。
まあ、あれだけのホールを維持するには、客を詰め込んで入れないと、
利益が上がらないのだろう。
海外からの有名なオーケストラなんか、私には手が出ない金額だ。

知人がやっているスナックも、月一回は行っていたが、
ただでさえ、エコノミー症候群になりそうなくらい、ぎゅう詰めだったので、足が遠のいていた。
この時期、絶対無理だ。

友人が卒業生を交えた焼肉に行く約束をしたとかで、
猛烈に後悔していた。
で、結局、やめにした。
高齢の母親と二人暮らしでは、結構ハイリスクかも。

この時期に、平気そうに見えるイベント主催者って、
どういう心理なのだろう。
自分だけは大丈夫と思っているのか(まぁ、比較的若くて丈夫な人は、あんまり危機感がないかもしれない)、
まめに集まっている。

私は、全部、不参加。
で、関わっている団体の会議も不参加表明をして、
メールで情報を提供して意見を書いて、
あとは、よしなに、と送っていたら、
会議報告で、
「次回はZOOMで開催します」と書いていた。
え、大丈夫? とびっくりして報告を読んでいたら、
「M吉さんと十分に相談検討して、実施します」とあった。
あ、私がやるのね(笑)

もう、どうなるやら。
こんな時代が来るとは、誰も予測していなかっただろう。
この時期、他の病気も危ない。
十分な医療を期待できないかもしれない。
ある人が、来月、骨だか筋肉だかの問題で、手術をする予定だと言っていたが、
いやな時期に手術となったものだと他人事ながら思う。

成績をつける、という力仕事があるが、
とにかく、これを乗り越えて、
心身に良いことをしなければ。

こんなにつまらない毎日だと、本当に、参りそうだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック