希望が枯れる?2020/04/03 09:46

コロナの影響で、世の中の様子が変わっている。

 

それでも、買い物に出ると、マスクをしている人は多いが、

人々は普通に出歩いている。

家で逼塞していて、孤独になっていたのは過剰反応だったか、と思うような風景。

 

昨日、歩いていると、

前方に、自転車に寄りかかって立ったまま、ハンドルに伏せっている人がいた。

横断歩道の車道の脇に。

歩道を歩いていた私は、え? とその人に目が釘付け。

やがて、信号が変わって、人が二人、歩いて渡ってくる。

大して広い道ではない。

二人とも、その自転車の人を不安そうに見つめながら通り過ぎる。

誰もが、え? と思う光景だが、誰もが声をかけられない。

私もその一人。

普段なら、確実に駆け寄って声をかける。

が、躊躇する。

具合が悪いのなら、なんとかしなければ。

でも、近づいていいのか? 自転車にだって、触っちゃまずいのじゃないか?

 

その人が顔を上げた。

明らかに真っ青。

うわ、どうしよう・・・

 

振り返ってずっと見ていると、

その人は、ゆっくり自転車を押して、信号を渡って行った。

渡り終わったのを見届けて、思わず、ホッ。

 

今、AEDで人を救助って、手袋も保護服もなしでできるんだろうか?

(私は、習ったけど、使える自信はないけれども。)

 

もはや助け合いなんて、できないんじゃないか?

 

手をつなぎ合い、つないだ手を離さない、人と人の絆。

ついこのあいだまで、そんな掛け声が、、、。

あっけなく無効になる。

思いもかけない事態になって、あっという間に、小さな通りすがりの親切もできなくなった。

 

持病のある者は、いつもの受診も控える。

悪くなっても、もう、助けてもらえないかもしれない。

 

昨年の8月は、

人工呼吸器を気管に挿管しての緊急手術だった。

今、そんなことが可能なのだろうか?

 

全身麻酔を使っての手術など、今はできないのではないか?

 

静かに、静かに、ひたすら平穏に。

いつまで続くかわからないけど、それしか乗り切る方法はない。

 

明日の検査もキャンセルしようかと思っている。

いま、緊急でもないのに、病院に行くなんて、無謀なのでは? と躊躇している。

 


写真は、そんな思いの日の慰め。

家の前の桜の木。

晴れて美しい日なのに、逆光で暗く写っているのが、何かの象徴のような、、、。

(いや、それも考えすぎ?)