選択2019/08/04 14:20

ある機関の責任者のポジションへの打診があった。
最初、前向きな返事をしていたのだが、
どうも、激務となりそうな予感。
一度、経験しているから、前よりは賢くなった。
あれこれ、考えると、今の状況からさらにその仕事を引き受けたりしたら、私、死ぬなぁと思った。

で、断ろうと思う。
からだも衰える一方だし、寝る間もないほど働いたり、
嘗てのようなストレスをかかえるには、もう盛りを過ぎた。

もうちょっと若かったら、考えたかも、という感じ。

そう言えば、以前、病気で退職した直後も、
ある施設の責任者のポジションをオファーされた。
その時は、癌が見つかる前で、からだの調子があまりにも悪く、
無理だと思って断った。

断って正解だったろう。
たぶん、もう死んでた。

無駄に長生きしたいとも思わないが、やはり、もうちょっと生きて、
見極めたいことが自分なりにある。

この年で過労になるのは、もう避けた方がよいだろう。
だから、今回の話も、明日、断ろうと思っている。
代わりに推薦したい人がいるのだが、特に名前が通っているわけではなく普通に現場で働いてきた人だから、喜ばれないかもしれない。
こういうポジションというのは、その業界でそれなりのポジションにいた人が望まれる。
だから、いくら業界で長くても、全く無名の人というわけにはいかないのだろう。
だからと言って、私のような年寄りに、現場仕事を期待するのも間違っている。
キャリア、専門性、そして実務労働、これらが具備されている人物を求めるのは、欲張り過ぎだ。
実務労働をこなすには、まだ若くて体力もあって、つぶしのきく人でないと無理だし、キャリア・専門性を望むなら年齢も高くなるし、名誉職に近い待遇でないと無理だ。

私は労働を厭う気はさらさらないが、もうからだがついていかない。
本当は、まだこれから収入の道があるのはありがたかったので、引き受ける気でいたのだが、まぁ、仕方がない。
無理は無理。

そう言えば、昔、超有名人(今日もテレビに出ている)からオファーがあったことがある。
一晩考えて断った。
あれも正解だったのだろう。

母は昔、撮影所に友達と遊びに行って、映画出演の声をかけられたことがあったそうだ。
主人公の妹のイメージにぴったりだと言われたそうだ。
美人の母には、ありそうな話だ。
が、持ち帰って親と相談したのか、その場で断ったのか、忘れたが、
とにかく、そのエピソードだけが思い出として語られていた。

人生の途上で、選択を迫られて、決断しないといけないことは何度もあるのだろうが、
私が今までにした決断というのは、
なぜか危険を回避した感じだけが残るので、
後悔はない。
唯一、病気で退職した職は、ほんとうは引き受けなかった方がよかったのかもしれないが、それでも苦労したおかげでいろいろなことが見えたし、少しは私も賢くなった。
苦しくて人生の最大の難関だったが、鍛えてもらった。
もちろん、まだ回復してはいない。
たぶん、死ぬまで、この後遺症は尾を引くだろう。
人が人をどのように苦しめるのか、なぜ苦しめるのか、そのようなことを少しは分かったような気がする経験だ。
タフではない私の貴重な試練だった。
終生のトラウマだが、終生の課題ともなった。
今後も、ここが起点になって、なすべきことを決めていく感じがしている。