身軽になりそこねた話2018/07/12 22:27

某団体の職員研修を頼まれていて、
だいぶん前から引き受けている。

しかし、頼んできた人の話では、
理事長さんの思いがいろいろあるらしく、
何やら、よくわからないが、
それって、私の守備範囲かな? と思えてきた。

自分の守備範囲なら、いくらでもお話はさせていただくが、
ずれて来ている感じ。

で、理事長さんと直接、やり取りしてほしい、と言われたので、
ふと、思いついて、
その理事長さんのご所望のテーマで研修などを仕事にしている友人に、回そうと思いついた。
友人なら、企業や団体の研修が本業だ。
私は、ふだん大学で教えているのだし、テーマもずれて来ているし、
ちょっと違う感がある。
友人は、仕事が増えるので喜んでくれるだろう。

で、そのテーマなら、ぴったりの人がいますので、ぜひ紹介します、と理事長さんにメールを送った。

送った瞬間に肩の荷が下りた感じで、
急に気楽になった。
やった!
これで、この時期、遊べる! と、もう羽が生えたよう♪

そして、理事長さんから返信。
「いえいえ、先生のテーマでぜひ、お願いします」とのこと。
あれれ?
戻ってきた。
つかの間、遊ぼうと思って生えた羽がしゅるしゅると引っ込んだ。

やっぱりな、、、
研修のその時期は夏休みに入る時期。
しかも、私が古くから関わっている研究会の分科会を立ち上げるので、
そっちに専念したかったのだ。
そっちは、完全に趣味の世界。
楽しいし、自分のどストライクなテーマであーだこーだ、といじるのは、
深まるし、広がるし、刺激的だし、どんどん想念が発達する。
あー、しあわせ♪ となりかけたのだけど、
まぁ、もうちょっと、仕事がんばろ・・・

コメント

_ マキ ― 2018/07/13 12:31

どんな、趣味の世界ですか~??

_ M吉 ― 2018/07/13 14:12

クィア・スタディーズの範疇になるのかなぁ~。SOGIをどこまでもどこまでも、相対化してゆきます(^^)。オタクの世界です♪

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック