疲れるけれど面白いというか、面白いけど疲れるというか、、、2017/06/14 20:45

義姉から電話。
張りのある明るい声!

とにかく、この声を聞くとホッとする。
が、前からこんなに元気だった?
元気過ぎない?

ま、いっか、元気なのはいいことだ。

で、いろいろお話。
もちろん、こちらのことは聞かれないし、話さない。
全部、彼女の話。

彼女の現状、彼女の気持ち。
繰り返し、話される彼女の気持ちを聞きながら、
こちらも知りたかった情報を二つ、ゲット。

以前、配達されてくるお弁当が、
毎日同じ味で飽きてくる、と言っていたので、
ケアマネさんに、もう少し工夫できないものかと相談していたのだが、
今は、変化がつけられて、
毎回、趣向の違う弁当が届くとのこと。
それは何より。

私が、
「お弁当が同じ味で飽きる、と言ってたから」と言うと、
「いやぁ。そんな厚かましいこと言うてたん? いつも違うタイプのお弁当を届けてもらってるよ。ありがたいわ」と言う。
どうも、目の前に二種類の弁当を並べているらしい。
賞味期限の早い方から食べる、とのこと。
なかなかしっかりしている。
弁当の中身を微に入り細にわたって、始めから何度も何度も説明することを除けば、ほんとうに、しっかりした話しぶり。

もう一つ、知りたかったのは、お金のこと。
手元に一万八千円ある、とのこと。
「これだけ、あったら十分やし」と言う。
以前は、「これでは足りない」と文句を言っていたのだけれど。
まぁ、満足しているのなら、これも何より。

デイサービスには二度ばかり、ケアマネさんと機嫌よく行ったそうだが、
先日は行かなかった、とのこと。(これはケアマネさん情報。本人は覚えていない。)
しかし、「デイサービスに行かなかったと聞いたけど」と言うと、
いかに、そこがつまらない場所か、ということを
表現を変え、たとえ話などをあれこれ思いつきながら、
延々と話し出す。
おぼろげな記憶があるのだろうか。
でも、自分が行った時のことは覚えていなかったので、
たぶん、母親に同行したときのデイサービスの印象を語っているのだろう。

デイサービスには、発展的なことが何もなく、
時間の無駄、という感じがするのだそうだ。
もう少し、自分が向上できて、
しゃきっとなるようなことにチャレンジできれば面白いのだが、
「楽にして、ゆっくりして」と言われて、何時間もそこにいるのは苦痛なのだそうだ。
刺激がないのだそうだ。

医師は、刺激が必要だと、デイサービスを勧めたのだが、
そのデイサービスを、刺激がない、と言うのだから、面白い。

義姉のその「デイサービス」感を繰り返し聞いているうちに、
さすがに疲れて来て、
そろそろ電話を切りたい。
私のその感じを察してくれたのか、
「長いこと喋ってごめんね。でも、M吉さんに聞いてもらって、全部、気持ちを言えたみたい」と、いかにも電話を終わりそうになるのだが、
「この電話って、M吉さんがかけてくれたん?」と聞くので、
「ううん、あなたからかけてきたのよ」と答えると、
それをきっかけにまた振り出しに戻る。
終わりが見えかけては、また最初に戻る、ということを数回、繰り返した後、
彼女の家の固定電話が鳴ったので、それを機に電話を終えた。

なんだか、ぐったり。
履歴を見ると、通話時間は1時間40分。

携帯をいじっていたら、私の名前があったので、
私から電話がかかってきたかと思って、かけてみた、とのこと。
たぶん、話をしたかったのだろう。
すぐに、自分がかけた電話であることも忘れてしまっているのだが。

家への固定電話の相手は、
たぶん、例の親切な男性の友人だろうと思う。
解禁になったので、彼はしょっちゅうご機嫌伺いの電話をかけてくれていて、
気になることがあると、メールで報告してくれるようになった。
私との電話を切り、固定電話に出たとたんに、
もう私との電話のことは忘れているだろうと思うと、
かわいそうなような、おかしいような、、、。

そう簡単には一般化できないとは思うのだが、
義姉と話をすることは、
人の記憶と思考と表現とのつながりに興味がそそられて、
疲れるけれど、やめられない。

コメント

_ ぺん ― 2017/06/15 21:35

「興味がそそられて、疲れるけれども、やめられない」とのこと。こうやって一見、マイナスに思えることにでも興味を持つことって、どうやったら教えられるのでしょうね。と、思う、この頃です。

_ M吉 ― 2017/06/17 00:11

たぶん、こういうことって、教えることではないのかも。
その人が何に興味があるか、ということに尽きるような気もします。

今、義姉は興味深いですが、ずっと見知ったことの繰り返しになったら、私も興味を失うのかもしれません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック